VISOR

CHRONOLOGY

2014
  • 宇宙人「ペドラー」出現。
  • 石灰岩1,000Kgと引き換えにエグゾフレームの提供を開始。発展途上国を中心に急速に普及する。
  • アメリカ・EU・日本・中国などが中心となり、自国の産業保護などを目的に、エグゾフレームの輸入・利用を規制する地球外交規制協約「ザンクトガレン協定」を締結。一方、アフリカ連合加盟国をはじめとする一部の国家は調印を保留。
2015
  • ザンクトガレン協定締結後も、未加盟国を中心に、引き続きエグゾフレームの利用は続き、紛争地帯においては、兵器としても運用されるようになる。
  • 「第3次カビンダ紛争」アメリカ軍、アフリカで初のエグゾフレームとの戦闘。epsode2
2016
  • インドがザンクトガレン協定から脱退を表明し、陸軍において世界で初めてエグゾフレームを制式採用。同年、同国陸軍山岳特殊旅団ラダックスカウトがシアチェン氷河にて、パキスタン工作員搭乗と思われるエグゾフレームと交戦。epsode3
  • エグゾフレームの利用により、世界各国の紛争が激化の傾向を見せるなか、子供兵がエグゾフレームを与えられて戦場に投入される事例が急増する。epsode5
2017
  • アフリカ連合加盟国をはじめ、エグゾフレームを積極的に導入した国々の経済成長が加速する一方、ザンクトガレン協定締結国の多くは自動車や重機などの産業において輸出が伸び悩み、これを原因とした長期の経済不況に見舞われる。特に中南米を中心に、政情不安の状態が続く。
  • 世界中で、エグゾフレームを用いたテロ事件が激増。とりわけぺルシャ湾周辺の石油関連施設で相次いだ襲撃により、原油価格が高騰する。エグゾフレーム・テロへの各国政府の対応が後手に回る中、同じくエグゾフレームで武装し、これに対抗する民間軍事会社(PMC)が存在感を強める。epsode4
2021
  • アフリカを中心した世界各地の紛争地帯で、ドクロがマーキングされた正体不明のエグゾフレーム部隊がたびたび目撃される。高度な訓練を施されたものと推察されるが、所属等は一切不明。epsode6
2023
  • エクアドル、ペルー間で発生したセネパ川流域の国境紛争が長期化、アメリカ合衆国が介入の動きを見せたことで、紛争は南アメリカ大陸全土へと波及する兆しを見せる。epsode1