VISOR

SPECIAL

Indonesian Police Exoframe

インドネシア警察エグゾフレーム

FRONT

BACK

FRONT2

制 式 名 称

インドネシア国家警察対テロ用エクゾフレーム 秘匿名「ペリサイ」

POLRI-CT-EXO code-name「Perisai」

NATO CODE
-
全   高
2,770mm
解   説
インドネシア国家警察・対テロ特別分遣隊88(デンスス88)が開発・運用する対テロ用・暴徒鎮圧用エグゾフレーム。国家機動隊MBCとの連携も重視されており、ライオットシールドは暴徒鎮圧時の遮蔽物も兼ねる。

ホビージャパン5月号(2020年3月25日発売)に詳細レポート及びプラキット作例を掲載。

Civil Engineering Exoframe

土木作業用エグゾフレーム

FRONT

BACK

制 式 名 称
-
NATO CODE
-
全   高
2,737mm
解   説
ウクライナの架橋工事現場での土木作業に用いられたエグゾフレーム。操縦席付近にフレームと照明、工具を固定するフック等が増設されている。汎用作業用エグゾフレームと同じく世界中で民間利用されているエグゾフレームの典型。

ホビージャパン6月号(2020年4月25日発売)に詳細レポート及びプラキット作例を掲載。

Yakuza Exoframe

ヤクザ用エグゾフレーム

FRONT

BACK

FRONT2

制 式 名 称
-
NATO CODE
-
全   高
2,810mm
解   説
日本の犯罪組織「ヤクザ」が秘密裏に入手、改造し、市街地での抗争に使用したエグゾフレーム。武装はドスと呼ばれる鍔なし短刀に鉄パイプ等、単純なものばかりだが、伝統的に軽装備の日本警察にとっては、重大な脅威となった。

ホビージャパン7月号(2020年5月25日発売)に詳細レポート及びプラキット作例を掲載。

NGO Disaster response Exoframe

NGO 災害対応エグゾフレーム

FRONT

BACK

FRONT2

制 式 名 称
GRRL 災害対応エグゾフレーム 「SAR-EXO」
Global Rescue Response League Disaster response Exoframe 「SAR-EXO」
NATO CODE
-
全   高
3,020mm
解   説
ザンクトガレン協定に縛られることなく、エグゾフレームを用いた救難救命活動を行うNGO「国境なき救助隊」が運用するエグゾフレーム。密閉された操縦席とダイビング素材、酸素吸入器等の装備によって多くの現場に対応する。

ホビージャパン8月号(2020年6月25日発売)に詳細レポート及びプラキット作例を掲載。

Russian Naval Infantry Amphibious Exoframe

ロシア海軍歩兵強襲上陸エクゾフレーム

FRONT

BACK

FRONT2

浮き輪装備/FRONT

浮き輪装備/BACK

制 式 名 称
34型強襲上陸エクゾフレーム「ヴィーフホリ」
Amphibious Exoframe Project "34" "Vykhukhol"
NATO CODE
ロシア海軍歩兵エクゾフレーム03 エクザルト
NATO reporting name RNIEX−03 "Exult”
全   高
3,120mm
解   説
各地の戦場で目撃されていた謎のエグゾフレームであり、その正体はロシアの海兵隊とも呼ばれるロシア海軍歩兵旅団が開発した機体。軍用エグゾフレームとして強襲上陸用の各装備、電子光学式アクティヴ防護システム・シュトーラなどの兵装も持つ。

ホビージャパン9月号(2020年7月22日発売)、10月号(2020年8月25日発売)に詳細レポート及びプラキット作例を掲載。

Fishing Exoframe

漁業用エグゾフレーム

FRONT

BACK

FRONT2

制 式 名 称
-
NATO CODE
-
全   高
2,550mm
解   説
日本の伝統的漁法「マグロの一本釣り」を行うための漁業用エグゾフレーム。
エグゾフレームサイズの巨大な釣り竿を装備している。
人体を模した構造のエグゾフレームは、昔ながらの伝統産業を新たな形に進化させることとなった。

ホビージャパン11月号(2020年9月25日発売)に詳細レポート及びプラキット作例を掲載。

Prototype OBAMBO

プロトタイプ・オバンボ

FRONT

BACK

FRONT2

制 式 名 称

アザニア軍試作エクゾフレーム 「EXEX-04」

Azania Armed Forces Experimental Exoframe "EXEX-04"

NATO CODE
-
全   高
2,970mm
解   説
アザニア共和国軍の試作エグゾフレーム。同国が極秘裏に運用してきたエグゼター、ストレンジ・エグゼターの経験を元に設計された。しかし、新たに開発された頭部センサポッドを既存のハッチとガンポートを避けて追加せざるを得なかったため、配置に難点がある。これを改善すべく頭部及びハッチ部のデザインを新たにしたのが制式採用されたオバンボである。

ホビージャパン12月号(2020年10月25日)に詳細レポート及びプラキット作例を掲載。

JSDF Search Radar Exoframe

自衛隊捜索標定装置搭載エグゾフレーム

FRONT

BACK

制 式 名 称

捜索評定レーダ装置試作プラットフォームSREXP-02「長靴」

Serch Radar Experimental Platform SREXP-02 "NAGAGUTSU" (from Japanese NAGAGUTSU, "Rain Boots")

NATO CODE
-
全   高
3,020mm
解   説
創設以来、水際作戦を試行する陸上自衛隊が開発した地対艦ミサイルのための捜索標定レーダ装置を装備した水陸両用エグゾフレーム。自衛隊は公表を避けているが、何らかの地対艦誘導弾を搭載した自衛隊のエグゾフレームも存在していると思われる。

ホビージャパン12月号(2020年10月25日)に詳細レポート及びプラキット作例を掲載。